仏教は死ぬことと見つけたり
長命する前提で思考し、計画し、行動すれば、
謬見の上の砂上の楼閣となり、
苦を逃れるすべはありません。
今この瞬間にも死が訪れると観じ、
一瞬一瞬、全力を尽くすのが仏教的生き方です。
これは死随念として体系化されており、
傳修院でその方法を指導しています。